他人に期待しすぎてはいけない

みなさんは【ゲシュタルトの祈り】というものをご存じでしょうか?

ゲシュタルトの祈り

私は私の人生を生き、あなたはあなたの人生を生きる。

私はあなたの期待に応えるために生きているのではない。

あなたも私の期待に応えるために生きているのではない。

私は私、あなたはあなた。

もしも縁があって私たちの心が触れ合うならば、それは素敵なことだ。

もし触れ合えなかったとしても、それも仕方のないことだ。

ユダヤ人の精神科医 フレデリック・S・パールズ

私たちは自分が苦しみの当事者になった時、他人からの優しさや同情を無意識に求めてしまいがちです、

優しくされるべきだとも思ってしまいます。

でもそれは、あるはずのない心のつながりを求めているような感じがします。

人は自分に関係のない出来事には心は動きません、自分事として感情がわかないので所詮、他人事になってしまいます。

耳障りのいい言葉だけなら何とでも言えます。

他人に対する、貢献や奉仕は自己満足につながります、自分の利益になるんです。

それだけのことです。

それ以上を他人に望んではいけません。

親しい身近な人の、心ある言葉をもらえたらそれでいいのではないでしょうか。

このゲシュタルトの祈りは冷たく感じるかもしれませんが、

人がお互いを尊重するという点では、今の人間社会には必要なのかなと思います。

誰もが自分の為に生きています。

その中で、他人との心の触れ合いがあればとても素晴らしい人生の1ページになりますね。

他人に期待しすぎてはいけない” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です